PowerPoint for Mac のスライドマスターからフォントをカスタマイズする方法

PowerPoint
PowerPointアプリ
0

PowerPoint(パワーポイント)でデフォルトのフォントを設定したいとき、スライドマスターから変更することができる。

Windows版であれば以下のリンクに書かれているように規定のフォント以外にもフォントをカスタマイズできるのだが、Macの場合はなぜかフォントをカスタマイズできない仕様になっている。

PowerPoint で既定のフォントを変更する
ビューを使用すると、プレゼンテーション全体の既定のフォントを変更できます。

しかし、Macでも少し頑張ればフォントをカスタマイズできるようになるので、その方法を2通りメモしておく。

スポンサーリンク

方法1

1つ目の方法はボタン1つでデフォルトのタイトルフォント、本文フォント、英語フォント、日本語フォントをカスタマイズできるようにする方法である

最終的な目標

次の写真のように、スライドマスターの「フォント -> ユーザー定義」のところに自分好みにカスタマイズされたフォントを設定できるようにする。

このようにするとデフォルトのフォントが更新され、スライド全てに適用される。

やり方

環境

  • macOS Big Sur 11.2.3
  • Microsoft PowerPoint for Mac バージョン 16.46

xmlファイルを対象ディレクトリに置くだけ

次のディレクトリ(USERNAMEHoge.Officeの部分は自分のものに置き換える。)にmy-fonts1.xmlファイルを置く。
ファイル名は適当で良い。

/Users/USERNAME/Library/Group Containers/Hoge.Office/User Content.localized/Themes.localized/Theme Fonts

my-fonts1.xmlの中身は以下。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<a:fontScheme xmlns:a="http://schemas.openxmlformats.org/drawingml/2006/main" name="my-fonts1">
    <a:majorFont><a:latin typeface="Roboto"/><a:ea typeface="Noto Sans JP"/><a:cs typeface=""/></a:majorFont>
    <a:minorFont><a:latin typeface="Roboto"/><a:ea typeface="Noto Sans JP"/><a:cs typeface=""/></a:minorFont>
</a:fontScheme>

以下の部分に気を付けてフォント名を書き換えれば良い。(上ではRobotoとNoto Sans JPを指定してみた。)

  • majorFontの部分が見出しで、minorFontの部分が本文である。
  • latinが英数字フォントで、eaが日本語フォントである。

xmls:a="http://schemas.openxmlformats.org/drawingml/2006/main"のURLはどういう意味なのか分からないが、とりあえずこれを指定すると使えるようになる。(分かる方がいたらコメントください。)
逆に何も指定しないと使えない。

その後ろに続くname="my-fonts1"が表示名になるので、適当な名前をつければ良い。

以上で、最終目標の画像にあるようにデフォルトのフォントを好みにカスタマイズできる。
ちゃんと英数字に切り替えたときもフォントが切り替わることも確認できる。

フォントサイズ・色の設定(おまけ)

デフォルトのフォントが設定できたので、次はフォントサイズや色などの設定をしたい。
これはフォントの設定ほど難しくはなく、アプリ上で設定できる。

別記事で簡単に紹介しているので、参考にされたい。

スポンサーリンク

方法2

方法2は1つずつタイトルフォントと本文フォントを設定していく方法である。(コメントでみっ君様にご教授いただいた方法です。ありがとうございます。)

方法1と比較して、ボタン1つでフォントをカスタムできないという欠点はあるが、プログラミングに慣れ親しんでいない人にとっては優しいのかもしれない。

方法1をやった後に方法2で一部分のフォントをカスタマイズすることもできる。

やり方

環境は方法1と同じ。

以下、みっ君様のコメントの引用です。(一部改編)

  1. スライドマスター上で、タイトルプレースホルダーあるいはコンテンツプレースホルダーのなかをクリックしてカーソルを置く。
  2. パッドを二本指でタップして表示されるメニューから「フォント」を選択。

これで、選択した部分(タイトル部分orコンテンツ部分)に対して全てのスライドの英語フォントと日本語フォントを一括で指定できる。

方法2では「マスタータイトルの書式設定」や「マスターテキストの書式設定」などにカーソルを合わせて1つずつ選択していく必要がある。逆に言えば1つずつカスタマイズできる。

ちなみに上の画像でデフォルトで設定されている「見出しのフォント」と「見出しのフォント – 日本語」をカスタマイズするのが方法1である。
したがって、方法2はデフォルトで設定したフォントを上書きするような形になる。

参考 Web Page

次のWeb Pageを参考にした。

Mac版PowerPointで、テーマの「フォントパターン」カスタマイズする

Macのパワポのユーザー定義フォント にメイリオとSegoe UIを設定する

1つ目のリンクではxmlファイルを置くディレクトリが異なるが、そのようなディレクトリは確認できなかった。(少し古い記事で、環境が違うことが原因?)

まとめ

本記事ではPowerPoint for Macでフォントをカスタマイズする2通りの方法を紹介した。

なぜMac版はWindows版と同じようにカスタマイズできないのだろう?

スポンサーリンク
H-MEMO

コメント

  1. ミッ君 より:

    はじめまして。
    PowerPoint for Mac でフォントのカスタイマイズができることに最近気づきました。
    お役に立てればと思いましてコメントさせていただきます。

    次の環境で使っています。
    ・MacBook Pro + macOS Big Sur バージョン11.2.3
    ・Microsoft 365 Business Standard
    PowerPoint for mac バージョン16.46(21021202)

    1.スライドマスター上で、タイトルプレースホルダーあるいはコンテンツプレースホルダーのなかをクリックしてカーソルを置く。
    2.パッドを二本指でタップして表示されるメニューから「フォント」を選択。

    これで、すべてのスライドについて英数字用のフォントと日本語用のフォントを一括で指定できます。
    このやり方だと、タイトル部分とコンテンツ部分で、英数字用と日本語用のフォントの組み合わせを違えることもできます。

    大事な点は次の2つです。
    ・プレースホルダーを選択するのではなく、そのなかをクリックする。
    ・リボンの「フォント」を使うのではなく、コンテキストメニューから「フォント」を選ぶ。

    0
    • h-memo より:

      ご丁寧にコメントを頂きありがとうございます。私の環境でも日本語と英語で別々でフォントを設定できることを確認できました。
      しかし、Windowsバージョンのように一括で見出しのフォントと本文のフォントを変更するUIはまだ用意されていないみたいですね。
      教えていただいた内容を本文中に引用させていただきます。ありがとうございました。

      0